O脚はどのような症状なのか

O脚はどのような症状なのか

O脚は具体的にどのような症状を指すのかと言うと、まっすぐ立った時に太ももや膝、ふくらはぎ、内くるぶしのどこか1箇所でもくっつかないようであればO脚だと言えます。人によっては、1箇所だけでなく、複数箇所が離れていることもありますので、その場合は重度だと判断できるでしょう。

しかし、どこか1箇所がくっつかないからと言って、心配する必要はありません。全てがくっつく人の方が珍しいほど、O脚で悩んでいる人は非常に多いのです。また、1箇所くっつかない程度であれば、簡単に改善できる可能性もありますので、O脚矯正にチャレンジしてみると良いでしょう。

基本的にO脚の場合は、骨が変形していたり、筋肉の歪みなどが原因で起こります。普段の姿勢、歩き方、座り方などが原因で変形することは少なくありません。自分では気づかなくても、クセによってO脚になっている可能性は充分に考えられます。基本的に、まっすぐ立った状態で足が曲がっているように見えた場合はO脚かもしれません。その文字通り、Oのような形になっているのではないでしょうか?

まずは自分の症状も確認した上で、O脚の可能性があるのであれば改善方法を検討してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする