O脚の人はロングブーツの選び方に注目して!

O脚の人はロングブーツの選び方に注目して!

O脚の人はロングブーツの選び方にも注目した方が良いでしょう。秋冬にはブーツを履く機会もあるでしょうが、ショートブーツよりもO脚の人はロングブーツを履くことをオススメします。なぜなら、ショートブーツだと足の形が分かってしまいますので、ロングブーツを履いた方が足の形を隠すことが出来ますし、脚長効果も期待できるというメリットがあります。

しかし、ロングブーツなら何でも良いというわけではありません。種類によっては、足にピッタリとフィットするためにO脚が強調されてしまう事もあります。なので、選び方にも注目してみましょう。

O脚の人は膝頭を見ることですぐにO脚だという事が分かってしまいます。膝頭が内側を向いている事によって膝下部分が湾曲した状態になってしまうのです。つまり、膝頭が見える長さのブーツだと、O脚であることが目立ってしまうと言えます。

ある程度の長さがあるニーハイブーツなどはオススメです。膝頭をしっかりと隠すことができますし、足長効果が得られますので、O脚ではない人にも人気のデザインなのです。ニーハイブーツを選ぶ時には、履き口が斜めになっているものを選ぶと良いでしょう。そうすることで足の形をカバーできます。

本来なら、脚長効果を得るためにヒールが高いブーツを選んだ方が良いのですが、残念ながらヒールが高いブーツを履くと足に負担が掛かってO脚を悪化させてしまう事があります。なので、出来るだけヒールは低めのものを選ぶようにしましょう。O脚の人はただでさえ足が疲れやすいというデメリットがありますので、自分で試しに履いてみて、疲れにくいものを選んで下さい。

このように、ロングブーツの選び方に注意すれば、O脚の人でも秋冬にお洒落なブーツを履いてファッションを楽しむことができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする