O脚矯正インソールを使用する際の注意点

O脚矯正インソールを使用する際の注意点

O脚矯正をするために、O脚矯正用のインソールを使用する方もいるでしょう。確かに、O脚矯正用のインソールを使用すれば、外側に傾いている重心を、中心に持ってくることができますので、O脚矯正効果が得られる可能性があります。しかし、間違った使い方をしてしまうと、反対に姿勢が悪くなる、足の形が悪くなるといった危険性もありますので、そういった点を踏まえた上で使用するようにしましょう。

O脚矯正用のインソールを使用した場合、痛みを感じるようであれば、使用を中止してください。商品によっては、重心が傾きすぎて、歩いていると足が痛くなってしまう場合があります。その状態で使い続けてしまうと、膝が内側を向いてしまって、姿勢の悪化に繋がります。人によってO脚の状態は異なりますので、人によっては、O脚矯正用のインソールが向かない場合もありますので、きちんと見極めることが大切です。

足首が痛むという時にも、使用は中止した方が良いでしょう。足首に負担が掛かるのは、決して良いことではありません。できるのであれば、オーダーメイドでインソールを製作してもらい、それを使用した方が、自分の足にはフィットするでしょうし、O脚矯正効果も高まるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする