腰痛が原因でO脚になることがある?

腰痛が原因でO脚になることがある?

O脚の原因は多々ありますが、その一つに腰痛が挙げられます。腰痛というのは、その名前の通り、腰になりますので、腰と脚というのは、なかなか結びつかないことでしょう。しかし、腰というのは、体のバランスを保つ上で大切な部分であり、腰でしっかりと上半身を支えることができなければ、下半身にも影響を与えることがあるのです。

腰痛になると、人は自然と猫背になり、前かがみになって歩くことがあります。そうすると、その重みで膝に負担が掛かり、そのような生活を続けていると、O脚になることがあるのです。確かに、試しに腰を曲げてみると、その分の体重が膝などに掛かることになりますよね。膝に負担が掛かると、その部分が歪んだりするのは当然でしょう。

仕事の関係などにより、腰痛の悩みを抱えている方も多いでしょうが、腰痛はそのまま放置するのではなく、定期的に整体院に行って痛みを取るようにしたり、自分でマッサージをしたり、お風呂に入ってしっかりと温めたりしながら、腰痛を緩和することが、O脚予防にも繋がります。

また、腰痛だからと言って猫背になるのではなく、なるべく意識をして、背筋はピンと伸ばした状態で歩くように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする