片足だけO脚になることはある?

片足だけO脚になることはある?

O脚というと、両足が対照的に曲がってしまうことが多く、膝や太ももといった部分がくっつかないというのが一般的です。しかし、場合によっては、片足だけO脚になってしまうこともありますので、そのような場合にも、できるのであればO脚矯正をした方が良いでしょう。

なぜ片足だけO脚になってしまうのかというと、たとえば骨盤が歪んでいるために、片方の足だけに負担が掛かる歩き方をしてしまう、足を組んだり、横座りをするなどして、体のバランスを崩してしまうといったことが原因だと言われています。自分では気にしていなくても、このような生活を続けることが、O脚の悪化に繋がってしまうのです。

両足だけO脚だという場合も、体に様々な悪影響を及ぼしてしまいますが、片足だけの場合も注意しなければなりません。そのまま片足だけに負担が掛かり続けてしまうと、膝などの関節を痛めてしまう可能性もあるのです。ですから、片足だけだから大丈夫だと思わずに、自分の続けやすい方法で構いませんので、O脚矯正をすることを検討してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする