O脚の方はねんざしやすい傾向にあります

O脚の方はねんざしやすい傾向にあります

O脚の方というのは、膝や足首に掛かる負担が大きいと言われています。膝に負担が掛かることによって、膝の関節を痛めてしまうこともありますし、足首については、ねんざをしてしまうこともあるのです。

O脚の場合、体の重心が崩れてしまい、足の外側に負担が掛かってしまうことになります。そうすると、歩いている時や運動をした時などに、足の関節に負担が掛かるため、ねんざしてしまうということになります。

ねんざと言っても、骨折をしているわけではありませんから、歩けないということは無いでしょう。しかし、そのまま放置してしまうと、徐々に症状が悪化し、歩けなくなってしまう可能性もあります。だからこそ、O脚によってねんざを引き起こした場合は、なるべく早く的確な治療を受けることをおすすめします。ねんざの痛みが辛いからと言って、それをかばうような歩き方をしてしまうと、更にO脚が悪化する可能性もあります。ねんざになりやすいと言われていることからも、O脚で悩んでいる方は、O脚矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする