筋肉の衰えが原因で起こるO脚について

筋肉の衰えが原因で起こるO脚について

人間というのは、どうしても年々筋肉が衰えてしまいます。もちろん、若い時にはそのようなことは無く、むしろ大人になっていくに従って、筋肉は鍛えられていくのですが、高齢になると、反対に筋肉が衰えてきてしまいます。これが、O脚の原因にも繋がるのです。

特に、膝の関節部分の筋肉の衰えがO脚に大きく影響を及ぼします。筋肉があることにより、膝をスムーズに動かすことができていますし、足の形もまっすぐな状態をキープできているのです。しかし、膝の筋肉が衰えてしまうと、徐々に膝の関節の形が変わってきてしまい、O脚になることがあります。

筋肉というのは、使用する頻度が少なくなれば、衰えてしまいます。だからこそ、なるべく筋肉を鍛えるようにすることが大切なのです。また、歩く時の姿勢も大切です。歩く時に、重心を正しい位置にキープした状態で歩くことが、膝関節の歪みを抑えることにも繋がります。

絶対に筋肉が衰えないようにするということは難しいかもしれませんが、筋肉の衰えるスピードを緩やかにすることは可能です。努力を続けて、O脚にならないように、そしてO脚を改善した後も、再びO脚にならないように、筋肉を鍛えるようにしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする