O脚の方がスポーツをする時の注意点

O脚の方がスポーツをする時の注意点

O脚であったとしても、スポーツをすることはできます。しかし、O脚の状態によっては、足がまっすぐな状態では無いため、スポーツをした時に上手くバランスをとることができず、倒れてしまったり、ケガをしてしまったりする可能性も考えられます。

O脚の状態だからと言って、そこまでスポーツをする時に支障があるわけではありませんが、O足の場合は重心も傾いてしまいますし、腰や足首、膝など、特定の部分に大きな負担が掛かってしまうのです。そのような状態が長く続くと、膝や足首を痛めてしまったり、慢性的な腰痛になってしまうこともありますので、なるべく早めにO脚を改善するようにした方が良いでしょう。

また、O脚の子供も多いと言われていますが、子供の場合は、大人よりも骨がまだ成長段階にありますし、上手くスポーツができないとなると、辛いこともあるでしょう。軽い状態であれば問題が無いかもしれませんが、もし、普段見ていてケガをすることが多いようであれば、O脚が原因のこともありますので、O脚矯正についても検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする