O脚に繋がる靴とは?

O脚に繋がる靴とは?

O脚になる原因は多々ありますが、たとえば靴のせいでO脚になってしまうこともあるのです。どのような靴がO脚に繋がるのかというと、ブーツやハイヒールといった靴は避けるようにした方が良いでしょう。

ブーツと言っても、ヒールが低いものであれば、そこまでO脚には影響がありません。しかし、ハイヒールというのは、ヒールが高い靴になりますので、足に掛かる負担も大きくなります。

ハイヒールを履くことにより、自然とつま先に力が入るようになる上に、重心が外側に傾きがちなのです。靴底が斜めになっているわけですから、当然だと言えますよね。そのようなハイヒールを長時間、そして毎日のように履いてしまうと、徐々に体のバランスが崩れ、足の形も変わってきてしまいます。ですから、O脚を防ぐため、そしてO脚を改善するためには、ハイヒールを履くのは避け、ヒールが低い靴を履く様にした方が良いのです。

仕事などの都合により、どうしてもハイヒールを履かなくてはならないこともあるでしょうが、その時には、O脚矯正用のインソールを使用して、なるべく重心がずれないようにすることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする