O脚にモデル歩きは避けた方が良い?

O脚にモデル歩きは避けた方が良い?

モデルさんは、ショーなどでモデル歩きをしていますよね。非常に脚がキレイに見えますので、羨ましいと思うことでしょう。O脚の方は、脚の形をコンプレックスに思っている方も多いですから、モデル歩きをすれば、脚の形がキレイになると思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら、モデル歩きをすることでO脚を改善するのは難しいでしょう。場合によっては、脚の形を悪化させてしまう可能性もあるのです。モデル歩きをすると、太ももの内側が擦れてしまうため、脚のバランスも崩れやすくなってしまいます。確かに、歩いている時には、脚がキレイに見えるのですが、O脚を改善するような、正しい歩き方とは言えないのです。

では、どのような歩き方がO脚に効果的なのかというと、つま先は曲げずにまっすぐ正面を向けた状態で、かかとから着地するようにします。しっかりと足の裏全体でバランスを取り、親指で地面を蹴り、再びかかとから着地をするという流れになります。歩く時には、まっすぐ前を向いて、背筋を伸ばした状態で歩くようにしましょう。

このような歩き方を心がけることが、O脚の改善に繋がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする