O脚やX脚の方は走る時に注意しましょう

O脚やX脚の方は走る時に注意しましょう

O脚やX脚の方というのは、足首や膝に掛ける負担が大きくなってしまいます。それにより、様々なトラブルに繋がる可能性がありますので、歩き方や走り方には注意しなければならないと言われているのです。

間違った走り方をしてしまうと、腸脛靭帯炎になってしまうこともありますが、これはO脚の方がなりやすいと言われています。膝に炎症が起きる状態のことを言いますが、毎日のように、長時間走っているという方は、腸脛靭帯炎になりやすいのです。

X脚の方は、ランナー膝になることが多いと言われていますので、O脚ではないからと安心してはいけません。X脚の方の場合も、膝に掛かる負担は大きくなります。

これらは、予防をすることもできます。なるべく足首や膝を柔軟に保つために、毎日ストレッチを行ったり、患部を温めるなどの工夫をするということ、激しい運動をしないということです。下り坂の場合は、脚に掛かる負担も大きくなりますので、なるべく坂道は避けるようにすることも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする