O脚で負担が掛かる場所とは?

O脚で負担が掛かる場所とは?

O脚であることにより、足に負担が掛かると言われています。特にどのような部分に負担が掛かるのかというと、膝などの関節部分に大きく負担が掛かることになります。

膝に負担が掛かった状態が長く続くと、膝の軟骨部分がすり減ってしまい、痛みを感じるようになります。そのまま放っておくと、変形性膝関節症になり、足を動かす時に激しい痛みを伴うようになります。ですから、O脚の方は、膝への負担を軽減するためにO脚矯正をした方が良いのです。

特に、筋肉の衰えによってO脚になってしまった場合は注意が必要です。筋肉が衰えることにより、膝下がねじれてしまうことがあります。そうすると、膝下のO脚が更にひどくなってしまう可能性もありますし、そこから足首に大きな負担を掛けてしまうこともあります。ですから、O脚を矯正するために、足の筋肉を鍛えることも大切です。

なるべく膝や膝下部分に負担が掛からない様に、O脚の方は脚のバランスを意識して歩く様に心がけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする