幼児のO脚はどうすれば良い?

幼児のO脚はどうすれば良い?

自分の子供がO脚だった場合、病気ではないかと心配をしたり、このまま治らないのではないかと焦ってしまうこともあるでしょう。子供と言っても幼児の場合であれば、O脚を無理に治す必要はありません。放っておけば良いのです。

赤ちゃんの時には、必ず誰でもO脚であり、幼児の時にもまだO脚が目立つことは少なくありません。しかし、年齢を重ねるにつれ、脚の機能が発達すると自然にO脚が改善されることが多いですから安心してください。子供のO脚のほとんどは、徐々に元に戻ると言われています。幼児の時にO脚を矯正しようと、整体院や病院を受診する方もいるかもしれませんが、それこそ脚に負担を掛けてしまうことになりますので、避けた方が良いのです。

ただ気を付けて頂きたいのは、無理に脚を動かしてまっすぐな状態にしようとしないこと、そして無理に歩かせようとしないことです。赤ちゃんの時に、少しでも早く立ってほしいという想いのために、無理をさせてしまうこともあるようですが、それはO脚の悪化に繋がります。それが原因で大人になってもO脚で悩む人は多いですから、そうならないようにくれぐれも気を付けてください。幼児の時には放っておき、様子を見るようにしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする