幼児とO脚の関係

幼児とO脚の関係

赤ちゃんの時はO脚であると言われていますので、たとえO脚であっても気にすることはありません。しかし、いくつぐらいになればO脚が改善されるのか不安に思っている親御さんもいるでしょう。

大体2歳ぐらいになればO脚も落ち着いてくるのが一般的です。必ずしもO脚でなくなるとは限りませんが、幼児の時にO脚であっても、まだ治る可能性はありますので様子を見てみましょう。もし小学生低学年になってもO脚が改善されないようであれば、何らかの要因によってO脚になってしまったと考えられます。

女の子の場合は特に脚の形も気になるかもしれませんが、たとえO脚であったとしても改善する方法は多々あります。たとえば、脚にあまり負担の掛けない生活を送ったり、姿勢を見直したりするだけでも随分と効果的です。無理に治そうとせず、少しずつでも毎日努力することによって改善する可能性もありますので、ゆっくりと治していきましょう。

赤ちゃんの時に無理に立たせようとするとO脚になるとも言われていますので、くれぐれも小さい時に無理をさせないように、見守ってあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする