O脚の人はランナー膝に要注意

O脚の人はランナー膝に要注意

O脚の人の中には、マラソンをしている人もいるのではないでしょうか。確かに健康に繋がりますし、メタボの予防、改善などにも効果的ですので、最近ではマラソンをする人が増えていると言われています。これは非常に良いことです。しかし、O脚の人はマラソンをすることにより、膝に痛みを生じてしまう可能性があります。

膝周辺に炎症などが起こることをランナー膝というのですが、O脚の人はランナー膝になりやすいと言われています。O脚の人は、走る時に大腿骨が外側に張り出してしまいますので、膝に大きな負担が掛かって炎症を引き起こしやすいのです。その上、毎日長時間走り過ぎてしまうと、余計に負担が大きくなりますので、O脚の人は走る時間を短めにしたり、体のバランスを整えた上で走るようにすることが大切です。

ランナー膝になってしまった場合は、適切な処置をした方が良いでしょう。そのまま放っておくと、徐々に痛みがひどくなる可能性も考えられます。軽い段階であれば、膝のストレッチをするだけでも改善されることがあります。また、膝に痛みが生じた時には無理に走らず、休むようにしましょう。

走ることが好きな方にとっては辛いことでしょうが、症状を悪化させないことが大切です。できればO脚を改善した上で本格的にマラソンをすると、ランナー膝になること自体を防ぐことができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする