O脚の見分け方を知っていますか?

O脚の見分け方を知っていますか?

自分はO脚かどうかが分からずに悩んでいる方もいるでしょう。できればO脚になるのは避けたいでしょうし、もしO脚なのであれば、O脚矯正をしたいと思っていると思います。そのような方は、まずO脚の見分け方を把握してみましょう。

O脚かどうかを見分けるためには、まず鏡を使って自分の足の形をしっかりと見ることが大切です。全身が映る鏡を用意して、鏡の前で足をそろえてしっかりと立ちましょう。この時、脚に力は入れずに、自然と無理をせずに立つようにしてください。足のかかと同士はくっつけましょう。

その状態で、両足の膝頭が正面を向いていればO脚ではありませんが、内側を向いているようであればO脚だと言えます。その上、膝頭がくっついていないようであれば、完全にO脚だと判断することができます。

X脚の場合は、ひざをくっつけることはできるのですが、ひざをくっつけると、つま先からかかと部分をくっつけることができなくなってしまいます。O脚とは異なり、ひざが離れてしまうわけではありませんが、こちらも足がまっすぐな状態ではないため、矯正をする方が多いのです。

XO脚という脚の方もいますが、両ひざがくっついていても、膝が内側を向いていたり、すねが曲がっている状態のことを言います。膝から下の部分がO脚になっているというわけですね。ふくらはぎが外側に膨らんでいる場合は、XO脚である可能性が高いでしょう。

このように、O脚だけでなく、X脚やXO脚という方もいますので、O脚ではないからと言って安心せずに、なんらかの形で矯正をした方が良いかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする