膝下がO脚の場合も注意が必要です

膝下がO脚の場合も注意が必要です

O脚というのは、膝下O脚というタイプもありますので、膝下の状態もきちんとチェックすることが大切です。膝下がまっすぐでない場合、曲がっていて足首がくっつかないという場合には、膝下O脚である可能性もあります。

膝下O脚の場合は、膝から下が極端に曲がってしまっていますので、普通のO脚に比べると矯正に時間が掛かるのが一般的です。また、膝下部分を強制的に治そうとすると、余計に状態が悪化してしまう可能性もあるため、くれぐれもそのようなことが無いようにしなければなりません。

膝下O脚の場合も、決して治すことができないわけでは無く、改善方法は多々あります。また、O脚というのはそのまま放置してしまうと、膝の痛みなどの症状にも繋がりますので、できれば早めに改善することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする