O脚防止方法

O脚防止方法

一度O脚になってしまうと矯正することが難しいため、O脚ではないうちにO脚防止方法を実践したいと思っている人もいると思います。O脚は予防することもできますので、できる範囲で予防方法を実践してみると良いでしょう。

たとえば座り方ですが、座り方一つでもO脚予防に繋がります。座る時に足を組んで座ったり、お姉さん座りをしたりすると、足が歪んでしまいますのでO脚に繋がると言われています。また、両足の膝を曲げて座り、お尻を床につけて座る座り方も良くないとされています。色々と座り方も制限されてしまうと思いますが、それだけ座る時には足に負担が掛かるということです。

なるべくどちらかの足に集中的に力が掛からない座り方をすることが効果的です。できれば両足を伸ばした状態で座ることができれば最も良いですが、それが難しい場合は体育座りなどでも良いでしょう。どうしても足に負担が掛かる座り方をするのであれば、短い時間で済むようにしたり、定期的に席を立って足を休めるようにしましょう。それがO脚防止に繋がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする