足裏のバランスを保ってO脚矯正

足裏のバランスを保ってO脚矯正

足の裏がしっかりと安定していないと、足のバランスが崩れてしまい、O脚になってしまったり、O脚が悪化することがあります。足に関するトラブルはいくつかありますが、たとえば外反母趾もその一つです。足の裏が不安定な状態であることにより、足が徐々にねじれてしまう可能性があるのです。

しかし、普段足を使う時に、足裏のバランスを保つのは難しいかもしれません。そのような時には、あらかじめテーピングをしておくという方法もあります。足の裏をテーピングすることによって足裏のバランスが保ちやすくなりますし、特に自分で意識しなかったとしても、O脚矯正に繋げることができるのです。

正しいテーピング方法を学ぶ必要はありますが、慣れてくれば短時間で出来るようになるでしょうから、できるだけ毎日実践してみてください。なるべく伸縮性のある、薄いテープの方が貼りやすく、違和感を覚えにくいと言われています。外反母趾や浮き足などが気になる方は特に、足裏テーピングによるO脚矯正方法がおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする