日本人に多い内股

日本人に多い内股

足の形にコンプレックスを抱えている人もいるでしょうが、たとえば内股の人もいるでしょう。内股は日本人に多いと言われているのですが、股関節や足首、膝の関節が内側に向いていることによって起こります。見た目ですぐに内股だということが分かりますので、女性にとっては特に嫌だと感じる足の形ではないでしょうか。

内股になる原因はいくつかありますが、女性らしく座ったり、立ったりしようと思うと、自然と足が内側に向くのではないでしょうか?つま先がハの字になるように座ったり立ったりしていると、自然と足が内側に向いて内股になると言われています。この座り方に違和感を覚えないようでしたら内股の可能性がありますので、一度鏡などで足の形を見てみると良いと思います。

また、小さい頃にあまり運動をしない場合も内股になりやすいと言われています。多くの場合は歩き方などが原因だと言われていますが、太ももの内側に筋肉が付かないことにより、足は自然と内側に向いてしまうことがあるのです。内股は日本人特有のものだとも言われていますが、内股を改善する方法もありますので、諦めずにO脚と同じく内股の場合も矯正してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする