O脚の原因は赤ちゃん時代にある

O脚の原因は赤ちゃん時代にある

小さい時からずっとO脚だったという人もいると思います。その場合は、もしかすると赤ちゃんの時の過ごし方などが影響しているかもしれません。元々赤ちゃんはO脚なのですが、成長するに従って、ハイハイをするようになり、掴まり立ちをして、やっと自分で歩けるようになります。しかし、親としては少しでも早く歩いて欲しい、歩いている姿を見たいなどの理由から、早く歩かせようと歩行器を使ったりすることもあるのです。

赤ちゃんは成長するに従って徐々に筋肉が付いてきて、やっと歩けるようになるのです。その途中で無理に歩かせようとすると、どうしても筋肉や骨に負担が掛かり、曲がってしまうことがあります。それがO脚の原因です。歩行器を使っていた時代もありましたが、今は足への影響が懸念されて勧められていません。

そのような理由からO脚になってしまった場合は、特に矯正をしない限りまっすぐな状態になることは無いのです。赤ちゃんは自然と歩くようになるものですから、無理に歩かせる必要はありません。O脚を予防するためには、まず早い段階で無理に歩かせないことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする