O脚矯正のインソールの効果

O脚矯正のインソールの効果

O脚矯正用のインソールという商品も販売されていますが、インソールを使用するとなぜO脚が矯正できるのか不思議に思う人もいるでしょう。普通はインソールというと平らな状態になっており、靴の中に敷くものです。普通の人は歩いた時に重心が自然と内側に向くようになっていますので平らな状態で良いのですが、O脚の方は脚が歪んでいるために、歩いている時に重心が自然と外側を向いてしまうという特徴があります。外側に向くことでいつまでも足の歪みは矯正されませんし、O脚がますます悪化してしまう可能性も考えられます。

O脚矯正用のインソールの場合は、平らではなく傾斜が付いているのです。斜めになっており、自然と歩いた時に重心が内側に向くような作りになっています。自分で意識して重心を内側に向けようとしても、なかなか難しいことでしょう。しかし、インソール自体に傾斜が付いていれば自分で努力する必要も無く、自然と歩き方が矯正されますので楽にO脚が改善できるというメリットがあるのです。

ですから、普段履いている靴の中にO脚矯正用のインソールを入れて、なるべく毎日ある程度の時間は歩くようにすると良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする