O脚は赤ちゃんの場合は問題無い?

O脚は赤ちゃんの場合は問題無い?

普段、赤ちゃんの脚をじっくりと見ることは無いかもしれませんが、赤ちゃんはみんなO脚なのです。産まれた時からO脚の状態であり、寝ている時も脚を広げた状態ですので、よく見ると分かります。

赤ちゃんがO脚であることに気付くと、そのままO脚が改善されないのではないかと不安に思うこともあるでしょう。しかし、ほとんどの場合は成長に従ってO脚が改善されますので安心してください。

但し気を付けて頂きたいのは、無理に歩かせようとしないことです。無理に歩かせてしまうと、脚がきちんと成長していない状態なのにも関わらず負担が掛かってしまい、脚の骨や筋肉が曲がってしまうことがあるのです。そうすると、赤ちゃんの時からずっとO脚が改善されない可能性がありますので気を付けてください。特に女の子の場合はO脚になってほしくないと思うお母さんは多いと思います。だからこそ、成長段階であまり脚に負担を掛けないように気を付けてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする