O脚を椅子で改善する方法

O脚を椅子で改善する方法

O脚を矯正する場合、椅子を利用する方法もあります。座り方を工夫するだけで、O脚矯正に繋がる可能性があるのです。

座る時には背筋をピンと伸ばし、膝はできるだけくっつけた状態で、足はしっかりと地面に付けます。足などは組まずに、両足とも地面に付けて下さい。O脚の人はこのような座り方をするだけで疲れてしまうかもしれませんが、それだけ足が歪んでいるという証拠なのです。徐々に慣れてくるでしょうし、状態も良くなってくるのではないでしょうか。

また、椅子の選び方も重要です。足首の角度が直角に保つことが出来る高さのものを選びます。低すぎても高すぎても良くありません。特に仕事などで長時間座る機会が多い人は、普段使用している椅子の高さが変更出来る様であれば、調節してみましょう。これを習慣付けることがO脚矯正に繋がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする