O脚は生まれつきなの?

O脚は生まれつきなの?

O脚は生まれつきだと思っている人も多いでしょう。生まれつきだから仕方がない、矯正しても治らないだろうと思うかもしれません。物心ついた時には既にO脚だったという場合、そこまで昔からO脚だと矯正出来ないと思うのも当然かもしれません。

確かに、生まれつきO脚で、それからもずっと治らなかったという人はいます。赤ちゃんの時は誰でもO脚なのです。ですから、必ずしも遺伝というわけではありません。赤ちゃんの時はO脚ですが、徐々に歩くようになって、生活を送っていると自然とまっすぐな状態になるのが一般的です。しかし中には、早いうちから強制的に歩かせすぎてしまうと、O脚が改善されないまま成長することも少なくありません。

このような状態から、生まれつきO脚で成長段階で一度もまっすぐな状態にならなかったという人もいるのです。また、ある程度成長した時にまっすぐな状態だったにも関わらず、何かの理由によって曲がってしまうこともあります。

しかし、この場合の生まれつきは遺伝とは限りません。ですから、どこかでしっかりとO脚矯正を実践すれば、歪みが矯正される可能性はあります。生まれつきだからと諦めずに、まずはO脚矯正を実践してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする