O脚を改善するために正しいウォーキング方法を身に付けよう

O脚を改善するために正しいウォーキング方法を身に付けよう

O脚を改善するためには、正しいウォーキング方法を身に付けることも大切です。誰でも毎日歩く機会はあると思いますが、その時に間違った歩き方をしていると、O脚が悪化してしまう可能性があります。また、O脚矯正を実践していたとしても、ウォーキング方法が誤っていると効果が実感しにくくなるというデメリットもあります。

正しいウォーキング方法は、至って簡単です。まず、一歩前に踏み出したら膝を曲げずに伸ばした状態でかかとから着地します。かかとから徐々につま先に重心を移していきますが、この時膝を曲げすぎないこともポイントです。つま先まで重心を移動させてから反対の足を踏み出し、再びかかとから着地するという流れになります。

歩く時は、なるべく体がブレないことも大切です。フラフラと歩いてしまう人もいますが、しっかりと重心を保って、体がブレないようにまっすぐ歩きます。そして、足の重心は外側ではなく、内側に向けます。O脚の人は重心が外側に向いている事が多いですから、意識してみてください。それから、猫背にならないように気を付けて、背筋をピンと伸ばした状態で歩きます。

たったこれだけですが、最初は苦労するかもしれません。しかしこのような歩き方を意識するだけでもO脚の改善に繋がる可能性がありますので、実践してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする