O脚とオーバープロネーションについて

O脚とオーバープロネーションについて

足首をひねることをプロネーションと言いますが、足首の関節が内側に過度に倒れる状態のことをオーバープロネーションと言います。自分では特に気にしていない人もいると思いますが、もしかするとO脚の人はこのような特徴を持っているかもしれません。

O脚の人は、外側に重心が傾きやすい傾向にあるのです。そうすると、どうしても足首の関節が外側に倒れやすくなるのです。このような状態が長く続くのは良くありません。やはり、長期間に渡って関節に負担を掛けることになりますので、もしオーバープロネーションなのであれば、歩き方や走り方を見直すことが大切です。

自分で脚の使い方が良く分からないようであれば、身近な人に確認してもらいましょう。特に、趣味で走っている人などは足のこともよく分かっていると思いますので、オーバープロネーションなのかどうかも判断しやすいと思います。歩き方は非常に大切であり、関節に負担が掛かり続けると関節痛を引き起こす可能性もあります。なるべく早く改善することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする