O脚を改善する座り方

O脚を改善する座り方

O脚を改善するためには座り方を見直してみましょう。女性は横座りをする人が多いですが、横座りはどちらか一方に体重がかかってしまうため、良くありません。また、長時間横座りをしていると骨盤が歪む可能性も考えられます。骨盤が歪むと、下半身のバランスが崩れてO脚に繋がることがありますので、出来る限り横座りはしないように心がけましょう。

それから、椅子に座る時に足を組むのも避けて下さい。足を組む場合もどちらかに負荷が掛かってしまいますので、足のバランスが崩れます。女性は自然と足を組むこともあるでしょうが、O脚の人は意識して足を組まないように座って下さい。

では、どのような座り方をすれば良いのかというと、基本的には両足同じように体重がかかる座り方が理想的です。たとえば、足をまっすぐ前に伸ばした状態で座ると良いです。このままでは座りにくければ、手を床に付いても構いません。

人が居る前でこの座り方をするのは嫌かもしれませんので、そのような時は正座や体操座りなど、両足のバランスが保たれる座り方をしましょう。もちろん、両方の足の裏をしっかりと床につけた状態で椅子に座る方法でも大丈夫です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする