O脚を改善する歩き方

O脚を改善する歩き方

O脚を改善するには歩き方を見直すこともポイントです。O脚の人はつま先を外側に向けるような形で歩いてしまう人が多いと言われています。しかし、それがO脚の悪化に繋がりますので、つま先はまっすぐ前を向けながら歩くように心がけましょう。つま先を外側に向けながら歩くと、歩き方ががに股になってしまって恥ずかしいだけでなく、関節が歪んでしまうのです。

正しい歩き方というと、モデル歩きだと思うかもしれませんが、それは誤りです。確かに歩き方がキレイだと見えるのはモデル歩きなのですが、実際にこの歩き方をすると、太ももの内側が擦れてしまいます。それだけ太ももが内側に入っているということであり、O脚の悪化に繋がります。

正しい歩き方は、背筋をピンと伸ばした状態で、つま先をまっすぐ向けた状態で着地し、かかとから地面に付けていきます。かかとから土踏まず、つま先という順序でゆっくりと体重を移動させ、歩くように心がけましょう。この時、歩き方を気にするあまり下を向いてしまうと猫背になって、姿勢が悪くなりますので注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする