O脚は靴底のすり減り方を見れば分かる

O脚は靴底のすり減り方を見れば分かる

O脚かどうかは靴底の減り方を見れば分かりやすいのです。普通に歩いていると極端に靴底の一部だけが減ることは少ないと思いますが、O脚の人は外側の靴底が減りやすいという特徴があります。必ずしも外側ばかりがすり減るとO脚とは言い切れませんが、がに股の可能性はあります。いずれにしても、歩き方が誤っている可能性が高いですから、見直した方が良いでしょう。

反対に、内側ばかりがすり減る人はX脚や内股の傾向にあります。つまり、O脚とは反対の状態です。この場合も放っておかずに、歩き方を矯正した方が良いと言われています。

また、左と右ですり減り方が極端に違う場合は骨盤が歪んでいる可能性があります。骨盤の歪みはO脚にも繋がりますので、もし今の段階でO脚では無かったとしても、歩き方を見直した方が良いです。

人によって靴底のすり減り方は異なりますので、まずは自分が普段履いている靴を見てみましょう。普段はなかなか気づかないかもしれませんが、もしかすると変なすり減り方をしているかもしれません。こまめにチェックすることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする