O脚は怪我が原因で生じる場合もあります

O脚は怪我が原因で生じる場合もあります

脚のケガが原因でO脚が発生する事もあります。特に、足に負担が掛かるようなスポーツを日常的に行っている人は怪我をする機会も多いのではないでしょうか?怪我が完全に治っていない状態で運動を続けると、いつの間にかO脚になってしまうこともあります。思い当たる節がある人も意外と多いはずです。

もし怪我をした場合、自然と足をかばうように歩いたり、運動したりするはずです。そうすると、必要以上にどちらか一方の足に負担が掛かりますので、当然バランスが崩れます。それから、怪我が原因で筋肉のバランスが乱れる場合もあります。筋肉の歪みによってO脚が起こることもありますので、きちんと完治してから運動を再開することが大切です。

その上、O脚の人が運動をすると、足のバランスが悪いために怪我をする機会も多くなるはずです。非常に悪循環ですから、運動をする人は特に、なるべく早くO脚を改善するようにしましょう。運動をする人は、完治をするまで我慢出来ないかもしれませんが、O脚を予防するためには、万が一のことを考えてしっかりと足を休めて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする