O脚は骨格の歪みが原因

O脚は骨格の歪みが原因

O脚の原因の1つとして、骨格の歪みが挙げられます。骨格が歪んでいるというと大げさに聞こえるかもしれませんが、骨格が歪んでいる人は非常に多いのです。骨盤が前や後ろに歪んでいたり、股関節が歪んでいたりすることで下半身に影響し、O脚になることがあるのです。

もし骨格の歪みが原因だったとしても、矯正することは可能です。たとえば、ストレッチやエクササイズを続けることで、徐々に矯正されるかもしれません。ただし、骨格が歪んでいる位置を間違えると、更に症状が悪化することもありますし、ほとんど効果が見られない可能性もあります。どちらの方向にどのように歪んでいるのかを正しく判断して矯正することが大切です。

自分で矯正するのが難しい場合は、整骨院などを利用すると良いでしょう。整骨院を利用すれば、骨格の歪みについても詳しいですし、もちろん矯正にも対応しているはずです。ただし、評判の良いところを利用しなければトラブルになる可能性もありますので注意してください。また、通う度に費用が発生しますので、事前に調べるとトラブルを防ぐことができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする