O脚はサッカー選手に多い!

O脚はサッカー選手に多い!

O脚はサッカー選手に多いと言われていますが、これは本当です。サッカー選手は、自分の足よりも少し小さいスパイクを履くことが多いと言われています。やはり、自分の足に合わないサイズの靴を履くことで脚に負担が掛かりますし、歪みの元になります。土踏まずの部分がきちんと機能しないため、その負担が他の部分に掛かり、それがO脚に影響すると言われているのです。

サッカー選手の脚の使い方を見ると分かりやすいですが、脚のバランスが悪いと感じることもあるのではないでしょうか?まっすぐ走るわけではなく、脚を様々な方向に動かすことになりますので、脚のバランスが崩れるのは当然とも言えます。サッカー選手は疲労骨折を起こす人も多いですから、それだけ脚への負担は大きく、O脚になりやすいのです。

この場合は避けられないことでしょうから、サッカー選手は諦めてO脚を矯正しないことが多いようです。もちろん、矯正すれば改善できる可能性はありますが、サッカーを続けている限り脚に負担が掛かりますので、なかなか難しいでしょう。特に男性の場合はO脚が矯正しにくいため、余計に時間が掛かるものなのです。どうしてもO脚矯正をする場合は、サッカーを辞めてからの方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする