O脚かどうかの診断方法

O脚かどうかの診断方法

自分がO脚かどうかの診断方法もあります。代表的なものを紹介しますので、自分がO脚なのかどうかの判断を行ってみて下さい。

まず、まっすぐ立った時に膝の隙間が空く、膝頭が正面では無く内側を向いている、くるぶしの間の隙間が空く、ふくらかぎが外側に張っている、太ももの隙間が空くといった点を確認してみましょう。当てはまる部分が1つでもある場合は、O脚の可能性があります。

また、座り方ですが、女の子座りをすることが多い人もO脚の可能性がありますので、きちんと脚の状態を確認してみましょう。

当てはまる数が多ければ多いほど歪みが強く、O脚である可能性は高くなります。いずれにしても、O脚矯正を実践することで改善できる可能性はありますので、諦めずにO脚矯正にチャレンジして、足の状態を少しでも改善してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする