O脚の改善に繋がる座り方、椅子に座る場合

O脚の改善に繋がる座り方、椅子に座る場合

O脚を改善するためには座り方を見直す事も効果的です。誰でも毎日ある程度の時間は座る機会があると思いますので、それを意識して見直すことにより、徐々にO脚が改善されるかもしれません。また、座り方が間違っていると、更にO脚が悪化することもありますので、それを予防するためにも座り方を見直してみましょう。

今回は、椅子への正しい座り方を紹介します。まず、椅子に座った時に、足首が直角になる高さの椅子を用意します。高さが合っていないと、足に負担を掛けてしまいますので、椅子の高さを見直してみましょう。もしデスクワークで椅子の高さが調節出来る様であれば、足首が直角になるように調節してみて下さい。

椅子に座った時は足を組まず、膝をできるだけぴったりとくっつけます。O脚の人はきちんとくっつかないかもしれませんが、意識してくっつけることが大切です。椅子に座る時には、背筋をピンと伸ばして猫背にならないように気を付けます。

このような座り方は最初慣れないかもしれませんが、徐々に身についてくるはずですから、試してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする