O脚の改善に繋がる座り方、床に座る場合

O脚の改善に繋がる座り方、床に座る場合

O脚を改善するためには、床の座り方にも注意しなければなりません。床に座る時は自分が楽な座り方で良いと思うかもしれませんが、それが体の歪みに繋がることは少なくないのです。特に女性の場合は横座りをすることもあるでしょうが、これは体のバランスが大きく歪んでしまいますので、O脚にも影響しやすいのです。確かに見た目は女性らしいでしょうが、O脚のことを考えるのであれば、横座りは避けましょう。

また、あぐらをかいたり、正座で座ったり、体操座りをする方法もありますが、これらもO脚には良くないと言われています。最も良いのは、足をまっすぐ前に投げ出して座る方法です。この状態をキープするのが辛い場合は、後ろに手をつくと良いでしょう。これなら足に全く負担が掛かりません。しかし、どこでも出来る座り方ではありませんので、外で床に座る時にはなるべく長時間同じ姿勢で座らない、定期的に体を動かすなど、工夫することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする