O脚はスポーツが影響することも

O脚はスポーツが影響することも

O脚の原因の1つとしてスポーツも挙げられます。小さい時にスポーツをしていた人も多いのではないかと思いますが、もし幼少期にO脚になってしまったのであれば、スポーツが原因かもしれません。

全てのスポーツがO脚に影響するわけではありませんが、下半身を主に利用するスポーツは、O脚に影響する可能性は高いでしょう。たとえばサッカーはO脚になりやすいと言われています。足を曲げる機会が多いですし、負担も掛かります。筋肉や骨がまっすぐでは無く、色々な方向に動かすことになりますので、曲がりやすいのです。毎日のように、足に負担が掛かる動きをしていれば、徐々にO脚になってもおかしくはありません。もし部活でスポーツを行っていて、10代でO脚になってしまったのであれば、それが原因だと思っても良いでしょう。

O脚を改善したいのであれば、できればそのスポーツを辞めることが第一ですが、それが難しいこともあるでしょう。その場合は、なるべく足に負担を掛けないように心がけたり、毎日マッサージやトレーニングをすることで、O脚を改善する方法はあります。なかなか治りづらいかもしれませんが、根気強く続けることで矯正される可能性はありますし、O脚の悪化を防ぐことにも繋がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする