O脚矯正は正座を利用する方法も

O脚矯正は正座を利用する方法も

O脚の原因の1つとして座り方がありますが、正座をすることによってO脚になるという噂もあります。これは実際のところ確かでは無い情報なのですが、実は正座を利用してO脚矯正ができるとも言われています。正座と言っても普通の座り方では無く、少し工夫をする必要がありますが、基本的には座り方を意識するだけで良いですから簡単でしょう。

たとえば、足の関節を内側にねじり、両足の先を交差させて座ります。もし右足のねじれの方が大きいのであれば、右の関節を少し内側になじった状態で、右のかかとの上にお尻を乗せた状態で座ります。

少し座り方に工夫が必要ですが、慣れれば楽に座れるでしょう。また、ある程度の時間座ることが必要になりますので、正座に慣れていない人は辛いと感じることもあるかもしれません。やはり足が痺れる可能性はありますが、本を読むなど工夫をすれば、辛いと感じづらいのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする