O脚を装具を利用して矯正する方法

O脚を装具を利用して矯正する方法

O脚は装具を利用して矯正することもできます。装具を使用する場合は、ただのO脚というよりは、O脚が悪化して変形性膝関節症になった場合に用いることが多いです。整形外科などを受診して、必要だと判断されれば装具を利用することになるでしょう。

O脚の矯正に使用する装具は、膝に装着するものや足底板などがあります。装具を使用することによって足への負担が軽減されますので、O脚の悪化を防ぐことができます。また、足底板の場合は傾斜が付いているため、今まで通り靴を履くだけでも重心が内側に向きやすくなるため、足への負担が軽減され、O脚が改善されやすくなります。

変形性膝関節症が悪化した場合、このように装具を使用すれば矯正できる場合もあれば、手術が必要なこともあります。自分では判断できないことだと思いますので、あまりにもO脚の症状が悪化している場合は、整形外科に相談してみましょう。関節に激しい痛みを感じる様であれば注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする