O脚で膝が外側を向いている場合

O脚で膝が外側を向いている場合

O脚と言っても、人によって足の曲がり方などは多少異なります。たとえば、膝に注目して頂きたいのですが、膝が外側に向いている人もいるのです。これは内側に向いている場合はX脚になりますが、基本的に膝が外側に向いている場合は膝がくっつかないことが多く、膝下が特にO脚になっているでしょうから、膝下O脚である可能性が高いです。

膝下O脚の場合は、普通のO脚に比べると変形の度合いが大きく、矯正しにくいと言われています。しかし、ストレッチ、エクササイズなどによって矯正できる可能性はありますので安心して下さい。基本的には膝から下が歪んでいる状態ですから、くるぶしがくっつかないことも多いです。膝下の筋肉の緊張をほぐすことが効果的です。

特に、膝下O脚の人は外側の筋肉が発達し、内側の筋肉が衰えている場合も多いですから、内側の筋肉を鍛えるのが効果的です。ストレッチなども実践し続けていれば効果が現れるかもしれませんので、まずは膝下O脚に効果的なストレッチやエクササイズを実践してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする