O脚を改善する立ち方について

O脚を改善する立ち方について

誰でも、最低でも1日に1回は座った状態から立つことがあると思います。立ち方は特に意識していない人は多いでしょうが、それが原因でO脚になったり、O脚の悪化に影響することも考えられます。座り方、歩き方も重要ですが、立ち方も見直してみましょう。

O脚を改善する立ち方として大切なのが、つま先を揃えた状態で立つということです。膝などに力を入れると負担が掛かりますので、それも止めて下さい。つま先を揃えた状態で立つということに慣れていない人も多いはずですから、意外と難しいと感じるはずです。

もし、つま先を揃えて立つのが難しいようであれば、つま先を少し広げてみて下さい。そうすると、つま先をくっつけるよりは立ちやすくなるはずです。

立つ時には脚全体に力が入ると思いますので、力の入れ方を間違えるとO脚が悪化しがちです。毎日このような立ち方を意識していれば、O脚も改善されやすくなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする