O脚を矯正する立ち方を把握しよう

O脚を矯正する立ち方を把握しよう

O脚を矯正する立ち方としては、両足均等に力を入れた状態で立つということが大切です。誰でもそのような立ち方をしていると思うかもしれませんが、実際に見てみると、意外と片方の足にしか負担が掛かっていなかったり、バランスが崩れていたりするものです。1日に何回も片足だけに負担が掛かるような立ち方をしていると、O脚になる可能性も高まりますので、立ち方を見直してみて下さい。

また、立つ時に足の先を広げた状態で立ってしまうと、がに股になりがちです。女性の場合は、足先を広げた状態で立つのは美しくありませんので、見た目のためにも見直してみましょう。

これを意識することによって立ち方が美しくなり、O脚も矯正されて美脚になれば、より自分に自信が持てるのではないでしょうか。O脚の人は自分の足をコンプレックスだと思っている人が多いと言われていますが、そのような人は、まず立ち方を見直すことから始めてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする