O脚の色々なタイプを把握しよう

O脚の色々なタイプを把握しよう

O脚にはいくつかのタイプがありますので、自分のタイプを把握することも大切です。

足の歪みというのは、O脚だけでなく、X脚というものありますが、これはO脚とは正反対の形です。外側にOの字のようになっているのではなく、内股になっている状態を指しますので、見ただけで分かるでしょう。まずは、O脚なのかX脚なのかをきちんと把握することがポイントです。

続いて、膝下O脚というタイプがあります。これは、膝下部分だけがOの字のように、外側に曲がっている状態を指します。膝から下だけが曲がっている状態であれば、膝下O脚だと言えます。

そして、一般的なO脚の場合は太ももからくるぶしにかけて全体的に曲がっていますので、太もも、膝、くるぶしの3点がくっつけないことも多いのです。全身が映る鏡で脚の状態を確認してみると、分かりやすいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする