O脚だと疲れやすいのは本当?

O脚だと疲れやすいのは本当?

O脚だと疲れやすいと言われていますが、これは本当の話です。O脚の人は重心の位置がずれてしまうため、足への負担が大きくなります。本来なら負担が掛からない部分に負担が掛かるようになるため、膝への負担は特に大きく、膝の痛みも感じやすくなると言われています。

O脚の度合いが大きくなればなるほど、疲れやすくなりますので注意が必要です。長時間歩くと、疲れが特に溜まりやすいですし、長時間足に負担が掛かるのも良くありません。そのまま負担が掛かり続ければ、膝の痛みが解消されずにトラブルが生じることも考えられます。変形性膝関節症になると手術が必要になることもあるため、O脚で足が疲れやすいと感じているのであれば、一刻も早くO脚を改善して、足への負担を軽減することが大切です。

また、足の外側ばかりに力が入るようになり、反対に足の内側の筋肉は衰えがちです。時間が経てば経つほどO脚が矯正しにくくなりますので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする