O脚の定義について

O脚の定義について

O脚であることを悩んでいる人も多いと言われますが、そもそもO脚の定義をご存知でしょうか。

O脚とは、まっすぐ立った状態で、太もも、膝、くるぶしがくっつかない状態を指します。全てがくっつかないだけでなく、どこか1箇所でもくっつかない部分があればO脚だと

言えますので、自分はO脚ではないと思っている人も、実はO脚だったという可能性が考えられます。

鏡を見た時に足が外側に曲がっている人はO脚だという認識がある人は多いはずです。しかし、そこまで外側に曲がっていなくても、どこか一部がくっつかない場合もありますので、まずは鏡を見て確認してみましょう。

どの部分がくっつかないかによって、O脚の矯正方法も変わってきます。たとえば、膝下部分だけくっつかない様であれば、膝下O脚という形になりますので、矯正には少し時間が掛かるかもしれません。

太ももからふくらはぎにかけて曲がっていた方がO脚だと見て分かりやすいですが、O脚の定義はそれだけではありませんので注意して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする