O脚を治す座り方のポイント

O脚を治す座り方のポイント

O脚を治すにあたり、座り方にはいくつかのポイントがありますので、頭に入れておきましょう。

基本的なことですが、足に負担を掛けることによって曲がってしまったり、筋肉が固まってしまったりしますので、長時間座りっぱなしの状態を避けることは大切です。長時間座る場合は、適度に立って屈伸運動をするなど、足を休める時間を作りましょう。

それから、どちらかの足だけに負担が掛かるような座り方も避ける必要があります。たとえば横座りなどが挙げられますし、椅子に座る場合は足を組むのも片方の足に負担が掛かるため避けて下さい。

できるだけ両足に同じだけ力が掛かるような座り方がポイントですから、体育座り、正座などのような座り方が良いでしょう。ただし、これらの場合はシーンによって難しい場合もあるでしょうから、その時は横座りなどでも構いませんが、負担が掛かる足を交互に変えるようにするのがオススメです。

椅子に座る時は、足の裏をしっかりと地面に付けて座って下さい。色々なポイントがありますが、慣れればそれが自然にできるようになるはずですから、座る機会が多い人はチャレンジしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする