日本人がO脚になる原因

日本人がO脚になる原因

日本人はO脚が多いと言われていますが、なぜ日本人はO脚が多いのでしょうか。原因は1つでは無いのですが、やはり遺伝という可能性はあるでしょう。遺伝の場合にはO脚矯正をしたとしても改善することは難しいですから、諦めている人もいるかもしれません。

しかし、実際は遺伝だけでなく、後天的な理由によってO脚になることも多いのです。日本人の場合は、姿勢が悪い人や外反母趾の人が多いと言われていますが、これらの理由からO脚になる可能性はあります。

姿勢が悪かったり、外反母趾の場合は、通常よりも足に負担が掛かってしまうのです。足に負担が掛かることによって足が徐々に曲がり、O脚となることがあります。日本人は猫背の人も多いですが、上半身の姿勢が悪いと下半身に負担が掛かりますので要注意です。自分では気づかないかもしれませんが、実は猫背だったという人も意外と多いのです。

もし、このような点に当てはまるのであれば、それが原因でO脚となっているかもしれません。外反母趾を治すのは難しいかもしれませんが、姿勢が悪い場合は矯正することができるでしょうから、原因を取り除くことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする