日本人がO脚になる理由とは

日本人がO脚になる理由とは

日本人にはO脚が多いと言われていますが、その理由は何でしょうか。

基本的には、足に負担が掛かったり、足の重心が違う方向に向くことによってO脚になりますので、そのような足に負担の掛かる生活習慣を送っている人は要注意です。たとえば、日本人は床に直接座る機会もあるでしょうが、その時に横座りをすると、片方の足に大きな負担が掛かります。

また、歩く時に高いヒールを履いていると足の重心がズレ、O脚になる可能性もあるのです。特に女性の人は注意が必要です。これは日本人に限ったことではありませんが、椅子に座る時に足を組む女性も多いでしょう。足を組む場合も片方の足に負担が掛かるため、避ける必要があります。

それから、筋力の低下によってO脚を招く事もあります。社会人になり、運動不足の状態が続くと徐々に筋力は低下して、いつの間にかO脚になっていたということも少なくありません。

どれが原因なのか特定することは難しいと思うかもしれませんが、理由は多々考えられますので、その中から最も理由に近いと思われる原因を取り除く努力をしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする