日本人にO脚が多いのはなぜ?

日本人にO脚が多いのはなぜ?

日本人にはO脚が多いのはなぜかというと、たとえば歩行器の使用が考えられます。現代では、歩行器を使用する機会は減ったとも言われていますが、早くから歩行器を利用することにより、脚に大きな負担が掛かるため、O脚になりやすいという説があります。

歩行器は赤ちゃんに使用するもので、まだ歩くことができない赤ちゃんのサポートとして役立ちます。確かに、歩行器があると移動が可能になるのですが、まだ脚の筋力が発達していない状態で歩行器を使うと、筋肉や骨が曲がりやすいという特徴があるのです。早いうちから歩行器を使いたい気持ちも分かるのですが、それがO脚の原因となるのなら、使用は避けた方が良いでしょう。

また、猫背も原因の1つです。猫背によって足に負担が掛かるのですが、たとえば小さい頃からゲームをする機会が多く、ゲームをする時に姿勢が悪くなっていると、それが原因でO脚になる可能性も考えられます。

もちろん、日本人にO脚が多い理由はこれだけでは無いのですが、原因の1つとして把握しておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする