O脚の原因は日常生活にもある

O脚の原因は日常生活にもある

O脚の原因は日常生活にも隠れています。普段は気づかないかもしれませんが、生活習慣が原因でO脚が悪化することもありますので、O脚矯正方法を実践するだけでなく、日常生活でO脚の原因となる要素も取り除くことが必至です。

たとえば、歩き方ですが、脚に負担が掛かるような歩き方をするのは良くありません。特に女性の場合は、高いヒールを履くこともあるでしょうが、ヒールを履くことで足のバランスが崩れてしまい、O脚になることは珍しくないのです。その上、姿勢が悪い状態で歩いたり、足の外側に重心を置くような歩き方も避ける必要があります。

それから、座り方ですが、座る時に片方の足に負担が掛かることも避けるべきです。女性の場合は横座りも良くありませんし、椅子に座った時に足を組むのも避けることが大切です。普段、これらがクセになっていてなかなか改善できない人もいるでしょうが、意識をして少しずつ日常生活を変えていきましょう。

O脚矯正方法を実践すると同時に、このようなことを見直すことで、短期間でO脚が改善するようになる可能性は充分に考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする